2016年08月29日

世のリーダーは『情報共有』をどう考えるのか?

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

このブログでは過去に、
ナレッジマネジメントの一つの理論であるSECIモデルを提唱している野中郁次郎氏や、
知識移転に注目してナレッジマネジメントを唱えたナンシー・M・ディクソン氏など、
いわゆる研究者・学者と呼ばれる先生方の理論をたびたび紹介してきました。
でも、どんな立派な理論があってもそれを活用できなければ意味がありません。
ナレッジマネジメントは経営手法の一つですが、
ビジネス界のトップやリーダーと言われる人たちは、
ナレッジマネジメントについてどのような考えを持っているのでしょうか?
今回は、彼らの情報共有に関する発言を集めてみました。

情報共有がキチッとできていれば、
 どんな組織でも間違いなく、
 力を2倍も3倍も発揮できるのです。
 塚本 隆史
 (みずほフィナンシャルグループ会長・みずほ銀行頭取を歴任

さまざまな立場から意見を持ち寄れば、新しい発見があるかもしれません。
そして、お互いに情報を提供し合いそれらを活用することで、
シナジー効果を生み出すことができるということでしょう。

情報共有の場がなぜ、重要かといえば、
 情報が共有されることで、
 互いに思考のベクトルが合うようになるからです。
 すると、それぞれが意思決定するとき、
 関係者が集まってすりあわせをしなくても、
 即決断できるようになり、経営のスピードが速まります。
 大宮 英明
 (三菱重工業 取締役会長)

意思確認としての情報共有
なぜそれを目指すのか理解度が深まれば深まるほど、
それがゴールへ向かう推進力になります。
組織全体がそういう雰囲気で動けることが理想ですね。

情報共有の手段を改良するだけで、
 人々の人生を変えることができる。
 マーク・ザッカーバーグ
 (Facebook創立者)

日常業務に置き換えるなら、
社内情報共有の手段を改良するだけで、
業務を変えることができる。
ということになるでしょうか。
「人生」と同じレベルで考えるなら、
「業務」は「ビジネス」に置き換えられるかもしれません。

さて、ここまではビジネス界のトップの名言でした。
最後に紹介するのは、経営者の発言ではありませんが、
別分野の視点から見た言葉として興味深いので紹介します。

情報の共有は簡単にできても、
 感情の共有は難しい。
 茂木 健一郎
 (脳科学者)

・・・これは奥が深い(笑)
裏を返せば「感情までも共有できてこそ情報共有と言える。」
ということだと私は解釈しました。
感情もまた、情報共有を成功させる要素として重要だということを考えると
これまでとは違った情報共有の手段や考え方が見つかるのではないでしょうか。

いろんな著名人によるいろんな見方がまだまだあるとは思いますが、今回はここまで。
みなさんが情報共有を推し進めるヒントになれば幸いです。


【出典】
・塚本 隆史氏、大宮 英明氏の名言 : 「名言DB」より
・マーク・ザッカーバーグ氏の名言 : 「Cotodama」より
・茂木 健一郎氏の名言 : 「名言ナビ」より

posted by CBIT池田 at 13:37 | Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: