2017年03月21日

人工知能(AI)と情報共有

こんにちは。

ナレッジリング開発・マーケティング担当の鈴木です。

3月も後半に入り寒さもやわらぎ暖かい日も増えてきました。

気温の上昇にともない花粉が多く飛散する時期になりました。

春に多く飛散する花粉症のアレルギーの原因物質はスギやヒノキの花粉ですが、

これらの花粉は前年夏の日照時間や降水量、

くわえて前年春の花粉の飛散量の影響を受けやすいそうです。

2016年春は関東から東北にかけて花粉の飛散量が多かったので

2017年春の花粉飛散量は前年に比べ少なく、

逆に2016年春の飛散量が少なかった西日本では

今年花粉の飛散量が多くなる予想のようです。

2017年春花粉飛散予測(第4報)

花粉は昼前後と夕方に比較的多く飛散するようなので花粉症の人は、

これらの時間帯には外出を控えるか、どうしても外出が必要な時には

必ずマスクをするなど対策を講じた方が良さそうです。

かくいう私も花粉症なので花粉対策には十分に気をつけたいと思います。


さて、タイトルにもありますように最近話題の人工知能(AI)ですが

新聞や雑誌、テレビのニュースなどでも連日のように取り上げられ、

目や耳にしない日はないと言っても良いのではないでしょうか。

当ブログでもここ最近人工知能関係の投稿が増えています。


連日さまざまな製品サービスが

人工知能コグニティブというキーワードで紹介されているので、

人工知能という一つの製品が開発されて

その人工知能が人間に代わって何でもできるように錯覚してしまいそうです。

しかし、実際は各製品、サービスごとで使っている人工知能は別々で

それぞれに専門分野がわかれているようです。


代表的な分野と製品・サービス名(メーカー)をあげると下表のようになります。


分野

製品・サービス名(メーカー)

音声認識

Siri(Apple)OK!Goole(Google)Alexa(Amazon)IBM Watson Speech to text(IBM)、・・・

画像認識

Deep Mask(Facebook)Google Cloud Version API(Google)IBM Watson Recognition(IBM)、

機械学習

Alpha Go(Google Deepmind)Watson Explorer(IBM)

テキスト解析、チャットボット

Deep Text(Facebook)Allo(Google)、りんな(Microsoft)IBM Watson NLC(IBM)

Google、Facebook、Amazon、IBM、Microsoftなどは複数の分野に製品・サービスがあるものもありますが、

それぞれの製品・サービスごとに専門分野は違うようです。


これだけいろいろなメーカーがそれぞれ人工知能の研究をしているわけですが、

共同研究や情報共有は行われていないのかと心配になってしまいますね。

調べてみると

Amazon、 Google、IBM、Facebook、Microsoft等は

2016年9月28日に業務提携【Partnership on AI】を発表し

人工知能に関する研究とベスト・プラクティスの普及を目指しているそうです。

このようなビッグプレーヤーが共有できる部分は

情報共有をして研究を進めてもえらえると

研究がより促進されそうなのでぜひ期待したいところです。


さて、先回の投稿で少し触れましたが

弊社でも人工知能を製品・サービスに導入できないか

といったところで取組みを進めております。

いろいろと試行錯誤している最中ですが

何か進展がありましたらご報告させていただければと存じます。


それでは今回はこのへんで!


posted by CBIT鈴木 at 08:00 | Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: