2017年06月23日

人工知能(AI)と農業

こんにちは。
ナレッジリング開発・マーケティング担当の鈴木です。

もうすぐ6月も終わりですね。
6月といえば梅雨ですが、関東地方では梅雨入りしてだいぶたちますが
あまり雨が降っていないような気がします。
今年は西日本を中心に総雨量が平年より多い予想でしたが、今のところ沖縄の降水量は比較的多いようですが
西日本などでは降水量が少なく九州北部では水不足、四国では取水制限なども始まっているようです
ちまたでは、「今年は空梅雨か?」などという声も聞こえはじめています。
雨期の降水量が少ないと作物の収穫量に影響が出て流通価格が高騰する傾向になるので
とりわけ心配ですよね。

さて、普段このブログでは人工知能の話題を多く取り上げております。
空梅雨の件もあり、そういえば農業分野での人工知能はどうなっているんだろうとふと気になり
少し調べてみました。
その中で気になるもトピックがありましたのですこし紹介させていだだきます。
ご存じのように日本では農業の就業者数の高齢化、労働力の不足が深刻化しており、
そうした背景から政府のIT総合戦略本部ではスマート農業の実現に向けて政策的な後押しを
推進しているようです。
機への自動運転技術の導入や、画像解析を使った作物の収穫判別、病害虫の病兆候などの早期発見などへの
人口知能技術の適用を検討しているようです。

人工知能関連の話題でよくテーマにされるものとして「人工知能(AI)は人間の雇用を奪うのか?」
というものがありますが、日本の農業の場合、労働力が慢性的に不足しているわけですから
人工知能が人間の労働を肩代わりしてくれる好循環となるので
とても歓迎されるシチュエーションではないでしょうか。
私の勝手なイメージでは、農業分野ではあまり人工知能が適用されている場面は少ないのかと
思っていたのですが、調べてみると研究が活発で進んだ分野なのですね。
佐賀県のベンチャー企業のオプティムなどは
害虫のいるところにピンポイントで農薬を散布する自動飛行機能を搭載した「アグリドローン」
ウェアラブルグラスを通して作業記録や作業の指示が行える端末の開発に成功しているようです。
すごいですね人工知能(AI)+IoTですよ。

img_drone01.png


また、きゅうり農家の小池誠さんはなんとGoogleのオープンソースAI「TensorFlow」を使った
きゅうり自動仕分けマシンを個人で開発されたそうです。
きゅうりは出荷にあたって細かく仕分けをしなくてはならず手作業でやると時間がかかるので
それならばと自作してしまったそうです。

cucumber_classification.jpg
(きゅうりの仕分け[大変そう…] 引用元:http://workpiles.com/)

きゅうり自動仕分けマシンは「Maker Faire Tokyo 2016」に出展され話題を呼んだようです。

小池さんは農家をする前は自動車部品メーカーのシステムエンジニアをされていたそうです。
最近はラズパイなんかを使って何かやっているみたいなので、なんともGeekな人がいたものです。


私が不勉強なだけかもしれませんが農業分野でも人工知能の導入が進んでいておどろきました。
さまざまな分野で人工知能(AI)の応用って着々と進んでいるんだなと改めて実感しました。
それでは今回はこのへんで。




top_rfair.gif
posted by CBIT鈴木 at 17:41 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: