2017年07月21日

AI事例を紹介します -「賃貸住宅フェア2017」-

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

突然ですが、当社が出展する展示会がいよいよ開催されます。

賃貸住宅フェア2017
会期:2017年7月25日(火)〜7月26日(水)<2日間>
会場:東京ビッグサイト

賃貸住宅フェアは、マンションオーナーや不動産管理会社など賃貸管理業界向けの展示会です。
当社は不動産業界のお客様が特に多いのですが、賃貸住宅フェアは今回が初出展となります。
キーワードは、ビッグデータ」「AI人工知能
不動産管理における様々な課題の解決を支援するITサービスをご紹介します。

ところで、展示会ではAIを取り入れたITサービスを一部ご紹介する予定ですが、
実際、不動産業界を取り巻くAIの現状はどうなのでしょうか?
フィンテックやエドテックなど、様々な産業分野で新技術を取り入れる動きがこのところのトレンドですが、
その新しいテクノロジーの代表的なものがAIです。
ただ、「不動産テック」「リアルエステートテック」となると、
この数年で該当するサービスや事例を見聞きする機会は確かに増えましたが、
他の業界に比べるとまだまだ出足は鈍い印象です。
そもそも、不動産業界はIT化が遅れていると言われていますので、
IT化が不十分なところに「AI」と来てもあまりピンとこないのが現状なのでしょう。

なかなかIT化が進まない一つの理由としては、商習慣が関係しているのではないでしょうか。
これは日本だけかもしれませんが、礼金や更新料に代表されるような日本特有の文化・慣習に象徴されるように、
データよりヒューマンな部分が重視される傾向がある業界のように思います。
一言で「不動産業界」と言っても分野は多岐に渡りますので一概には言えませんが、
不動産投資のような数字で明確に表現できるような分野はAIを導入しやすい傾向にあり、
不動産仲介・管理の分野では、昔ながらの人を介したやり方の方が仕事が上手くいく場合が
多いのかもしれません。

一方で、不動産業界の特徴として、扱う書類多いということが上げられるかと思います。
不動産業界に限ったことではありませんが、書類作成の時間に追われて本来の作業が出来ないということ、
ありますよね?
その時こそ、ITの出番です!

賃貸住宅フェア2017」で、弊社が展示するITサービスはこれらの業務課題の解決支援が出来るサービスです。
みなさんのご来場、ぜひお待ちしております!




top_rfair.gif
posted by CBIT池田 at 17:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: