2017年09月19日

人工知能(AI)と野球

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

今年も熱戦が繰り広げられたプロ野球。
とうとうセ・リーグの優勝チームが決まりましたね!
激闘を制したのは広島カープ。激闘と言うより圧倒?
昨年のリーグ優勝に続き、広島は今年も強かった!
・・・とか言いながら、実は私、野球のことを全く知りません(苦笑)
今日は、そんな野球音痴の私が、人工知能と野球について語ってみようと思います。
野球ファンにとっては既知の話題かもしれませんがご容赦を。

まずは、野球解説ができるAIをご存じでしょうか?

人工知能×野球解説
出典:NHKオンライン

その名も「ZUNO(ズノ)さん」。
NHKの野球番組向けに電通が開発した、ディープラーニングを応用したスポーツ解説システムです。
300万球分の配球データを学習させて、
実際に野球中継と同時にリアルタイムで予測する試みもされたみたいですよ。
そして、今シーズンのペナントレースが始まる前には、リーグ毎の順位予想もしていました。
野球の統計学であるセイバーメトリクスの指標の一つ「ピタゴリアン勝率」を用いて
過去10年間の選手やチームの成績データから導き出された予想順位は・・・

<セ・リーグ>
1位 読売ジャイアンツ
2位 横浜DeNAベイスターズ
3位 広島東洋カープ
4位 東京ヤクルトスワローズ
5位 中日ドラゴンズ
6位 阪神タイガース

<パ・リーグ>
1位 北海道日本ハムファイターズ
2位 福岡ソフトバンクホークス
3位 埼玉西武ライオンズ
4位 オリックス・バファローズ
5位 千葉ロッテマリーンズ
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス

結果は・・・(苦笑)

さて、勝敗を予測するAIは他にもあるようです。

スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える
SPAIA(スパイア)

Web版は既に以前から存在するようですが、つい先日、スマホアプリがリリースされたようです。
ここでも、「セイバーメトリクス」の考え方が導入されているようですが、
ここで改めてセイバーメトリクスとは何かというと・・・

セイバーメトリクス (SABRmetrics, Sabermetrics) とは、
野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、
選手の評価や戦略を考える分析手法である。」
出展:Wikipedia

野球って科学ですね?!

SPAIAでは今はプロ野球の勝敗しか予測できていないようですが、
今後、他のスポーツにも展開していく予定だとか。

こうして見てみると、予測とは言っても今の段階ではエンターテインメントの域を出ないようですね。
いずれ確度も高まれば、監督やチームのオーナーにとって、
戦略や選手獲得のために重要なデータになりうるかもしれませんけれど。
でも、観戦する側からは予想が当たったところで正直「だから?」というだけに留まるような気もします。
結局のところ予想通りいかないのがスポーツの醍醐味であって感動を呼ぶのだと思うのですけど、
そんなことを言ったら元も子もないでしょうか(苦笑)
皆さんは、どう見ますか?
posted by 株式会社CBIT at 08:02 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: