2017年09月29日

人工知能(AI)と教育

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

jugoya005.png
10月ですね。明日10月4日は「十五夜」だそうです。「十五夜」というと年によって9月のと時もあれば10月の時もあったりして少し混乱してしまいます。なぜ毎年同じ日が「十五夜」ではないかというと「十五夜」とは「旧暦の8月15日の夜」の事を指すので、西暦の月とは対応していないからだそうです。また、「十五夜」は「中秋の名月」と言ったりもしますが、これも旧暦と関係していて旧暦でいう秋の真ん中の月が8月だから「中秋の名月」というそうです。(旧暦の「春夏秋冬」は下表を参照)

季節

1月〜3

4月〜6

7月〜9

10月〜12

晴れていればお月見などしたいものですが残念ながら私の住んでいる地域の天気予報では曇りという事でちょっと残念です。


ai_study_kikaigakusyu.png

 さて先日ネットを見ていたら気になるニュースを見つけました。『「女子高生AIりんな」の情操教育にはお金がかかっている、GPUもたくさん使っている』(出典:Ascii.jp x ビジネス)
というものです。人工「知能(AI)の情操教育とはどういう事だろう?」という事ですが、りんなさんの会話能力は「Azure Machne Learning」によって日々向上しているわけですが、これに加えてAzureの「Cognitive Services」をAPIを利用して「同時通訳」をする機能や「肖像画」を描く機能が追加されたそうです。特に肖像画の方はAzureのGPUインスタンスをたくさん使うようなのですが、マイクロソフトが大量のコンピューターリソースをつぎ込んでりんなさんを教育しているそうです。なんでも「りんなはIQ(知能指数)よりもEQ(心の知能指数)が高いAIを目指して開発している。」という理由からだそうです。マイクロソフトはりんなについてはかなり教育熱心なのかも知れませんね。りんなさんがLINEに登場したのが2015年7月31日ですから、あと12、3年後には反抗期(人間でいえば)に差し掛かると思われるのでそうなった時にスカイネット(※1)のようにヤサグレていない事を願うのみです。
 教育といえば教育業界でも「人工知能(AI)」の適用が進んでいるようですね。有名なところではNHKのニュースでも紹介された人工知能型教材のQubenaや語学学習のCooriなど、人工知能(AI)が講師に代わって問題の正誤を判定や、誤答の傾向から間違って覚えていそうな知識を修正するための設問を的確に提示できるようになってきているそうです。生徒側には教師が付きっ切りで教えなくても生徒が自分のペースで苦手な問題を効率的に学習できるというメリットなどがあるようです。教師側には生徒に同じ知識を反復して教える労力を節約できるので、学習状況の管理などもっと裁量が必要な仕事に注力できるなどのメリットがあるそうです。人工知能(AI)の社会進出によって講師の仕事内容、生徒との関わり方が変化してきているというのは興味深いですね。といっても人工知能(AI)の導入が進んでいるのは、現段階では学習塾など比較的潤沢に使えるところが多いようです。昨今のニュースでは学校教師の長時間労働がたびたび取上げられています。素人考えですが学校教育の分野にも人工知能(AI)の導入が進めば教師の長時間労働などの問題も軽減できそうに思えるのでそうなる日が早く来ることを願います。
それでは今回はこのへんで。

※1…スカイネット=ハリウッド映画「ターミネーター」シリーズに登場する人類を殲滅しようとする人工知能
posted by CBIT鈴木 at 17:56 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: