2017年10月27日

AI×HRがもたらす影響とは

はじめまして。
9月からナレッジリングの営業担当としてジョインした宮澤と申します。

簡単に自己紹介させていただきますと、
前職では人材紹介会社のエージェントとして活動する一方で、
某人材大手企業様と業務提携というかたちで、
採用に関連するサービスのソリューション営業も担当しておりました。

そこで今回のブログでは今流行りのAIが、
今後人事領域、特に採用という分野においてどのように影響してくるのか、
考えていきたいと思います。

さて、みなさん突然ですがHR Techという言葉をご存知でしょうか?

HR=Human Resource=人事
Tech=Technology=テクノロジー

つまりは、テクノロジーの活用によって人材育成や採用活動、
さらには人事評価などの人事領域における業務改善を行うソリューション群を指す造語のことです。

HR Techの中には、クラウドやビッグデータ解析、
さらには人工知能(AI)などの最先端IT関連技術が含まれております。

まぁ要するに最新テクノロジーを使って人事の作業効率を改善しちゃおう!
ってことなんですが、実はこれってすごい怖いことですよね?

AI×採用の観点でお話すると、
今までは書類選考や一次面接は当然企業の採用担当者が行っておりましたが、
これからはAIに過去の履歴書データや採用試験の合否判定結果などを機械学習させ、
企業にマッチするであろう人材を自動的に選抜する、いわゆる
「AI面接官」が主流となることが予想されます。

このAI面接官ですが、社内で活躍している社員情報をも機械学習させることで、
今まで中々言語化が難しかった企業にとっての「いい人」をよりシャープに見つけ出すことが可能となります。

企業側からするとメリットしかないような話ではありますが、
各企業の人事たちはこのAI面接官の登場により、みな戦々恐々としているのではないでしょうか。。

なぜならば、「AI面接官が活躍する=人事の人数を減らす=会社からサヨナラを告げられる」
という恐ろしい方程式が容易に想像できるからです。

これまでもAIの登場で世の中の様々な職種がAIに奪われる、というようなお話はありましたが、
人事領域においてもその波が押し寄せているのです。

そこで今後人事に求められることは「人にしかできない」能力を高めることです。
具体的にはAI面接官が選抜した候補者を口説く、というようなコミュニケーターとしての能力だったり、
HRBPと呼ばれる、より経営幹部たちと近い立場で戦略的に動ける能力だったり、です。

あくまでHR Techは人事領域における「補助」でしかない、という認識を持ち、
作業効率化で空いた時間を「人にしかできない」能力を高めるために使うことで、
AI面接官とも共存できる人事へと成長ができるのではないかと思います。

最後になりますが、「人にしかできない」能力を高めるためにも、
各人事担当が持っているナレッジを今のうちから共有・蓄積しておくことをオススメいたします。
それらのナレッジを吸収して人事一人ひとりの戦闘能力を高めておけば、
これから訪れるであろうHR Techの波をもうまく乗りこなせるのではないでしょうか。

それでは今回はこの辺で!ご一読ありがとうございました。
posted by CBIT宮澤 at 10:37 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: