2017年11月13日

人工知能(AI)と働き方改革

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

冒頭から宣伝で大変恐縮です。
毎年恒例となりましたが、秋葉原で開催される展示会に今年も出展することになりました。

POWER UPソリューションフェア2017
テーマ  : 「AI」「セキュリティ」「働き方改革」など最新のお役立ち事例が今ここに集結!
日時   : 2017年11月22日(水) 10:30〜18:00
       展示    10:30〜18:00
       セッション 11:30〜17:30
会場   : UDX GALLERY / NEXT(秋葉原UDX 4F)
<入場無料・事前登録制>

今年は、各社AI」「セキュリティ」「働き方改革など
トレンドを抑えたテーマでの出展となります。
当社も、AIと連携した情報共有サービスナレッジリング
業務効率アップの成功事例と共にご紹介しますので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ちしております!

さて、働き方改革と言えば、その有効手段としてAIが取り入れられるケースも多くなってきましたよね。
人工知能が私たちの働き方を変えると言われていますが、
人工知能が発展してきたから働き方も変えていく必要があるという見方もあり、
AI」と「働き方改革」は両輪をなすもの、と言えるのではないでしょうか。

政府は、働き方改革のテーマとして以下の9つを掲げています。

1.同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
2.賃金引上げと労働生産性の向上
3.時間外労働の上限規制のあり方など長時間労働の是正
4.雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定させない教育の問題
5.テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方
6.働き方に中立な社会保障制度・税制など、女性・若者が活躍しやすい環境整備
7.高齢者の就業促進
8.病気の治療、そして子育て・介護と仕事の両立
9.外国人材の受け入れの問題

例えば、こんなAIソリューションがあります。

AIの働き方アドバイスが職場の幸福感向上に寄与
出典:日立グループ ニュースリリース

「○○さんとの会話をもっと増やしましょう」など、個々人の働き方をAIがアドバイスしてくれるようです。
働き方改革のテーマにある「労働生産性の向上」「長時間労働の是正」などに繋がるとして、
AIが人間をアシストする形で生産性を上げてくれそうですね。

そんな風に、AIによる効率化が進めばみんなハッピー!
・・・となりそうですが、一方でAIが社会進出することによる懸念もあるようです。

AIに関する話題でよく引き合いに出されるのが人工知能に奪われる職業」です。
AIが得意とするのは主に単純な作業。
AIにそれらを任せて単純作業から解放されることは、一見ストレスからも解放されるように思えるのですが、
逆の見方をすれば複雑で重要な作業は人間担当ということになり、その分ストレスも増加することになります。
ただでさえストレスフルな現代社会。
効率化が進めば進むほどストレスも増えるとは、何とも皮肉ですね。

更に悩ましいのは失業者増加の問題です。
AIに奪われる職業があっても人間の仕事が無くなるわけではない」と言われるものの、
やはり失業者が増加することを懸念する意見は多くあります。
失業者を救う仕組みとして最近注目されているベーシックインカムは、
その最たる象徴とも言えそうです。
生活に最低限必要なお金を国が無条件で支給する制度である「ベーシックインカム」。
経済的な不安から解放されて働く意欲が出ると評価される一方で、
無条件で一定収入が確保されることになれば働く意欲が失われると、全く正反対の意見があります。
仕事に生きがいを感じる人とストレスを感じる人、これにAIという要素が加わると更に複雑化しそうですね。

AI働き方改革
この両輪を持つ車を乗りこなすには、かなりの知恵と熟練した技術が必要?!
posted by CBIT池田 at 17:51 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: