2018年01月05日

ナレッジの検索性を高める「チャットボット」とは

新年あけましておめでとうございます。
営業担当の宮澤です。

今年のお正月は皆さまゆっくり過ごせましたか?
私は昨年末の30日〜31日に山梨の河口湖へと出向き、それはそれは立派な富士山を拝んで参りました。

おかげ様で心身ともにリフレッシュした状態で新年を迎えることができまして、
三が日はとにかく食べ続けた三日間だったのでこれからダイエットを開始しようと思います。。苦笑

さて、ここからが本題です。

最近、弊社情報共有サービスであるナレッジリング(http://www.faq-system.com/)のご提案時に、
「チャットボット」についてもお問い合わせいただく機会が増えてきたように思います。

今更チャットボットの説明は不要かとは思いますが念のため。
チャットボットとは「チャット(会話)」と「ボット(ロボット)」を掛け合わせた言葉で、
簡単にいえば自然言語処理機械学習を使用した「自動会話プログラム」のことです。

日本では2016年が「チャットボット元年」と言われるなど、割と最近流行った言葉のように思われがちですが、
実はチャットボットの歴史は意外と古く、1966年にMITの教授であるジョセフ・ワイゼンバウムが作成した、
「ELIZA(イライザ)」が始まりといわれています。

※余談ですが、2014年のやりすぎ都市伝説でSiriにイライザと話し掛けると。。
 という内容がオンエアされ話題となりましたね。
 ご興味のある方はこちら→https://matome.naver.jp/odai/2141964764309550001

50年以上も前から存在していたチャットボットですが、最近になって改めて注目されている理由は、
・自然言語処理技術の進化により昔と比べて格段に自然な会話ができるようになったこと
・LINEなどのチャットサービスが普及したことにより、より身近な存在として認識されるようになったこと
などが挙げられると思います。

そんなチャットボットをナレッジリングでも、、、というお問い合わせが最近急増しているのですが、
お客様が具体的に何を求めていらっしゃるかについては前回のブログにて弊社池田が記載してくれています。

以下、引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■AIを導入したい理由

@ 情報利用者のITリテラシーがあまり高くない
A 情報量が多すぎて必要な情報を効率よく引き出せない
B トップがAIを導入したがっている
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Bの理由については最近の「AIあるある」な気もしますが、
特にポイントとなるのは@とAだと考えています。

情報利用者のITリテラシーが低いにも関わらず検索対象となる情報量があまりにも多すぎる為、
結果として情報利用者がうまく検索しきれずに時間・工数・労力が掛かってしまうこと
更にはその情報が発見されずに埋もれていってしまうことを各企業様は懸念しているのです。

そこで最近ではナレッジリングの検索機能にチャットボットをかませて検索性を高められないか
というお問い合わせを多くいただくようになった、というわけです。

弊社ではIBM WatsonのNLC(Natural Language Classifier:自然言語分類)を利用して、
ナレッジリングと連携させておりますが、すでに大和ライフネクスト様の導入事例がございますので、
ご参考までにご一読いただければと思います。

〜AI導入事例インタビュー〜

いかがでしたでしょうか?
大和ライフネクスト様にはナレッジリングを独自にカスタマイズして、
ガリレオの名で現在もご利用いただいております。

弊社サービスやチャットボットについてもっと詳しく話を聞きたい!
という企業様はいつでも気兼ねなくお問い合わせください。

それでは今回はこのくらいで。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
posted by CBIT宮澤 at 11:08 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: