2018年03月09日

AIがプロスポーツで選手登録される時代

 こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。
3月ですね。少しずつ寒さが和らぎ気温の面では過ごしやすい季節になってきました。
しかし、気温の上昇に比例して花粉も飛散し始めます。
花粉症の人にはしばらくの間はつらい季節ですね。
予報によりますと2018年春のスギ、ヒノキの花粉飛散量は全国的に2017年春より多くなる見込みだそうです。
東北から関東地方にかけての花粉飛散量は2017年春の3倍から4倍、
その他の地域でも1.2倍から2倍になる見込み[※1]だそうです。
予報を見ただけでむず痒くなってきましたがが頑張って乗り切りたいと思います。

 さて、先日日刊スポーツで気になる記事を見つけました。
バスケットボールBリーグのアルバルク東京になんとAIロボットの「CUE」が選手登録されたそうです。
といっても人間の選手に混じって試合をするわけではなく
ハーフタイムショーでフリースローを披露するそうなのですが、
そのシュートの成功率がなんと100パーセントとのことです。
100パーセントというシュートの成功率ですが、開発にあたってシミレーションで20万本、
実戦で300本を試投した成果だそうです。
プロの選手ならば当然20万本以上は確実にシュートを放っているはずなので
(CUEのモデルとなったスラムダンクの桜木花道は1週間で2万本シュート練習していました)、
深層学習とロボットテクノロジーが結びついて強力な威力を発揮したといったところでしょうか。
この「CUE」ですが3月28日(水)アリーナ立川立飛で開催される栃木ブレックス戦でお披露目されるそうです。
ちなみに栃木ブレックスには元NBAの田臥勇太選手という有名人もおられるので
お近くにお住まいの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

 この他にもスポーツの分野ではラグビーの東芝ブレイブルーパスでも2016年秋からラグビーのプレーの分析システムの開発を始めていて2018年シーズンに本格導入する予定であったり[※2]、
富士通が女子バスケットボールチーム「レッドウェーブ」でゲームの分析、
プラン策定に生かすAIシステムの開発を行っており2018年に外販を目指していているそうなので[※3]
2018年はスポーツ分野でAIを使ったシステムがメディアで取上げられる機会が
今まで以上に増えるのかも知れません。
引き続き注目していこうと思います。

それでは今回はこのへんで。

posted by CBIT鈴木 at 17:15 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: