2018年04月20日

ゲームと人工知能

こんにちは。ナレッジリング開発担当の鈴木です。

 もうすぐゴールデンウィークですね。
2018年のゴールデンウィークは平日に重なる祝日としては、
昭和の日(4/29で日曜日ですが4/30が振替休日)、憲法記念日(5/3)、
みどりの日(5/4)と重なっておりますので、
残りの平日である5/1(火)と5/2(水)を有給休暇などを使ってお休みできれば
最大9連休(4月28日〜5月6日)です。
どこかへ旅行など計画されている方も多いのではないでしょうか。

 さて今回はゲームと人工知能というタイトルですが、
将棋や囲碁などのゲームではすでに人工知能の活躍が多く報じられており
あまり目新しい話題ではありませんので
今回はビデオゲームのジャンルの一つである「FPS」
(ファーストパーソン・シューティングゲーム)と人工知能に関する話題です。
先日ネットで人工知能関係の記事を探していて気になる記事を見つけました。

「アメリカの大手ビデオゲーム・コンピュータゲーム販売会社のエレクトロニック・アーツ社
 (以下EA社と略します)が同社のゲームタイトル向けに開発したAIのプレイが人間と同等の領域に発達した」

というものです。
FPSの分野では元々人工知能の研究が活発で、
オンラインゲームで複数プレーヤーで遊ぶゲームで頭数を合わせるための
ゲームボットなどに利用され親しまれてきた歴史があります。
しかし、従来のゲームのボットはゲームデータにアクセスしてマップや
アイテムの位置情報、キャラクターの位置情報まで把握して優位にゲームを進めるなど
人間の目から見て不自然かつ不公平な部分が多くプレーヤーのストレスになっていたようです。
今回EA社が公開したAIプレーヤーは人間のプレーヤーと同じく一人称視点の画面の情報と
ミニマップの情報だけを元にプレイを行なっているのがこれまでのゲームボットとは大きく異なる点です。
このAIは基本的なアクションを学習した後に、自分自身や他のゲームボットを相手に深層学習を
行いゲームのスキルを向上させたそうです。
その結果として、人間のプレーヤーと混ざってプレーさせた後に、他のプレーヤーに感想を求めても
AIと気づかないほど自然な動作だったそうです。

 EA社はこうした技術をこれまでテストプレーヤーを雇って行なっていたテストプレイなどに活用する事で
ゲームの品質向上に役立てるとしています。
ソフトウエア開発においてもモジュールテストの自動化は進んできましたが、
複雑な要素が関連してくるインテグレーションテストの部分では人海戦術となる事も多く、
EA社の開発したこうした技術が応用されてソフトウエアのテストの部分をAIが担ってくれるようになると
大変便利になるので非常に有用な技術ではないかと思い感心いたしました。

それでは今回はこのへんで。



posted by CBIT鈴木 at 17:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: