2018年05月18日

ナレッジマネジメントのコアフレームワーク:SECIモデル

みなさんこんにちは。
営業担当の宮澤です。

前回の私のブログでは、
「ナレッジマネジメントは会議室で起きてるんじゃない、現場で起きてるんだ!」
と熱弁させていただきましたが、今回はそのナレッジマネジメントを推し進めていく上で、
最もコアなフレームワークとなるSECI(セキ)モデルについてお伝えしていきます。

■SECIモデル
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一橋大学の野中郁次郎教授が日本から世界に向けて発信した経営理論の1つ。
ナレッジマネジメントにおける形式知を生み出すプロセスである、
・Socialization:共同化
・Externalization:表出化
・Combination:連結化
・Internalization:内面化
の頭文字をとってSECIと名付けられた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・と言われてもなんだかよく分からないと思いますので、
ここから4つのプロセスを順番に紐解いていきます。


■SECIモデル 4つのプロセス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
STEP1.共同化(Socialization)※暗黙知→暗黙知
対話や経験などによって、暗黙知をお互いに共有するプロセス。
(例)OJTなどの共体験を通じて暗黙知を伝達すること、など。

STEP2.表出化(Externalization)※暗黙知→形式知
得られた暗黙知を共有できるよう形式知に変換するプロセス。
(例)社内に存在する暗黙知をマニュアルなど客観視できるものに変換すること、など。

STEP3.連結化(Combination)※形式知→形式知
形式知同士を組み合わせて新たな形式知を創造するプロセス
(例)形式知をグループウェアやFileserverなどに集約し体系的な知識へと変換すること、など。

STEP4.内面化(Internalization)※形式知→暗黙知
利用可能となった形式知を基に、個人が実践を行い、その知識を体得するプロセス。
(例)新に創造された形式知を個人が身体化し、知的資産へと変換すること、など。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


SECIモデル.png


いかかでしたでしょうか?

つまりSECIモデルとは、暗黙知と形式知の知識変換プロセスを4つのフェーズに分けて考え、
これらを循環させることで組織として戦略的に知識を創造し、マネジメントすることです。

個人の暗黙知を組織へ展開し、それらを形式知化して集約することで新たな形式知を創造、
そしてその形式知を再び個人が吸収して周りに伝達していく、、、
という理想的なサイクルといえますが、みなさんの社内ではうまくこのサイクルを回せていますか?

SECIモデル4つのプロセスのうち、自分たちはどこがボトルネックになっているのだろう、
と考えてみることもナレッジマネジメントを推し進めていく上では重要なポイントになりそうですね。

それでは今回はこの辺で。



posted by CBIT宮澤 at 12:15 | Comment(0) | コンサルティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: