2018年06月15日

AIはどのくらい世の中に浸透したのか

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

このブログでもお知らせしました通り、
当社は、6月12日・13日の2日間、『賃貸住宅フェア』に出展しておりました。
東京は梅雨入りし、開催前日は雨だけでなく台風が接近している(!)という
超悪天候の中で荷物の積み下ろし作業をしなければならず、本当に大変でしたが、
フェア当日は2日間とも暑くも寒くもないちょうどよいお天気で、たくさんの来場者で賑わいました。
この展示会は“不動産オーナーと不動産業界で働く人の展示会&セミナー”ですが、
数か月に渡り開発してきた当社のAIチャットボットを初めて皆さまの前にお披露目する
という記念すべき日でもありました。

#「チャットボットって何?」という方は、前回の投稿をご覧ください。

さて、初お披露目の当社のAIチャットボットですが、
ブースに大きく掲げたキャッチコピーは入居者からのお問い合わせをAIで効率化
会場では、これを目にして立ち止まり「AIでどんなことができるの?」という反応で
ブースに立ち寄っていただく方が多くいらっしゃいました。
AI」はやはりキラーワードですね(笑)
おかげさまで予想を遥かに上回る反響ぶりで、お客様対応で終始てんてこ舞でした。

ただ、つかみはOKだったのですが、その後に立ちはだかる“壁”が見えたことも確かです。
その“壁”とは、まだまだAIに過度な期待をしている方が多いということ。
AIチャットボットの説明やデモをし始めると・・・

「大方のことはAIがやってくれるんでしょ?」
「質問したことには何でも答えてくれるんだよね?」

という反応をする人が思ったより多く感じました。

「不動産業界はITの導入が遅れている」とよく言われますが、
「不動産テック」という言葉が登場してからは急速にIT化が進んできているという印象だったのですが、
実際は知識や意識も発展途上ということなのでしょうか。
それとも、AIの認知度がまだまだなのか・・・

以前このブログでもご紹介しましたが、
2016年にガートナー ジャパン株式会社が発表した『人工知能 (AI) に関する10の「よくある誤解」』を
思い出してしまいました。

AIとは「すごいもの」としての認識がまだまだ拭い去れないでいる方も多いということかもしれません。
ただ、課題も感じましたが、来場者の方を通して体感できたことは良い学びとなりました。
これらを踏まえて、サービスにフィードバックしていきたいと思います。

ご来場いただいたみなさま、誠にありがとうございました!



posted by CBIT池田 at 14:28 | Comment(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: