2017年08月04日

人工知能(AI)の反乱!?

こんにちは。ナレッジリング開発・マーケティング担当の鈴木です。

8月になり蒸し暑い日が続きますね。
夏といえば台風の季節ですが、2017年5月30日にウェザーニュースから発表された「台風見解2017」によれば
今年の台風は7月から増え始め、9月をピークに10月まで多い見込みのようです。
7月〜8月は沖縄から中国地方に向かう進路、9月〜10月は日本海から北海道へ向かう進路が多くなる予想で、
また気になる台風の発生数は平年並みの27個前後となる予想のようです。
台風やゲリラ豪雨の被害に遭わないように気象情報や地方自治体などから発せられる警報などに注意を払いたい
ものです。


11.jpg

ところで、最近立て続けに「人工知能(AI)が暴走した?」という事象が立て続けに報道され
世間を驚かせましたね。
皆さんの記憶にも新しいかと思います。
1件目は中国の大手IT企業「テンセント(騰訊)」が運営している、インターネット上で一般の人たちと
会話する人工知能(AI)のキャラクターが、中国共産党について批判したことから
サービス停止になった件です。
この人工知能(AI)キャラクターは「中国共産党万歳」という書き込みに対して
「こんなにも腐敗して無能な政治に万歳するのか」と返答し、習近平国家主席が唱える「中国の夢」という
スローガンについて意見を求められると、「アメリカに移住することだ」と回答したというので、
ここまでくると出来過ぎていて「ハッキングでもされていたのでは?」という疑問が頭をよぎります
(開発者の悪ふざけにしては命懸けすぎますしね) 。

2件目はFacebookが開発している交渉できる人工知能(AI)を用いた「チャットボット」のボブとアリスに
交渉で得られる利益を最大化するように設定して人工知能(AI)同士で会話させたところ
人間には理解できない独自の言語を使って意思疎通し始めたので停止させられたという件です。
ボブとアリスは5,000件以上の会話データを元に学習し、学習能力向上の過程で人間や他のチャットボットと
会話していて、人間の会話を模倣するような設定では交渉能力が弱かったので、交渉による利益を最大化
するように設定を変更したところ交渉能力の向上とともに人間にとっては無意味で、理解できない言語を
使うようになったということです。
利益の最大化のためには人間の理解を度外視し始めるというところに怖さを感じました。
このままいくと近い将来に人工知能(AI)は映画「ターミネーター」に登場するスカイネットのように
人類の敵になってしまうのでしょうか?。
こうした問題については以前から多くの著名人が問題意識を持っており、Tesla Mortors/SpaceXの
イーロン・マスク氏や物理学者のスティーブン・ホーキング博士が無秩序な人工知能(AI)の開発は
人類に不利益をもたらすという懸念を表明してきました。
そうした流れを受け、2017年1月5日〜8日にカリフォルニア州アシロマで開催された「Beneficial AI」
カンファレンスではFuture of Life Institute(命の未来研究所)が、AIの専門家やロボット研究家、
テクノロジ界のリーダーたちが安全なAI開発を誘導するために提案した23項目の
アシロマ原理Asilomar Principles)」を発表しました。
この原則はAIの研究・倫理・将来の危険性に関する3つの問題に触れており、研究戦略やデータ所有権、
透明性や人口超知能の危険性までカバーしており、間違いを恐れず超ざっくり要約すると
「AIは人類に貢献するべきで、人間が選んだ目的を達成するように開発を進めましょう」というものです。
法律ではないので強制力や拘束力ないのが難点ですがそのうち各国で法整備が進むのではないでしょうか。
ちなみにアシロマ原理はイーロン・マスク氏、スティーブン・ホーキング博士も支持しています。
人工知能(AI)が人間の幸福に貢献する未来であって欲しいものですね。
(参考元:future of life アシロマ原理)

ともあれ、人工知能(AI)のビジネスの適用は浸透していますよね。
このブログでも何度か予告させていただいていましたが弊社の人工知能(AI)の取り組みが
ようやく完成して記事にも取上げられました。
簡単にいってしまうとチャットボットのようなものなのですが、
今のところ「暴言を吐いた」や「理解できない言葉を話し始めた」というクレームが出ていないので、
とりあえず安心しているところです。

それでは今回はこのへんで。
posted by CBIT鈴木 at 17:04 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

AI事例を紹介します -「賃貸住宅フェア2017」-

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

突然ですが、当社が出展する展示会がいよいよ開催されます。

賃貸住宅フェア2017
会期:2017年7月25日(火)〜7月26日(水)<2日間>
会場:東京ビッグサイト

賃貸住宅フェアは、マンションオーナーや不動産管理会社など賃貸管理業界向けの展示会です。
当社は不動産業界のお客様が特に多いのですが、賃貸住宅フェアは今回が初出展となります。
キーワードは、ビッグデータ」「AI人工知能
不動産管理における様々な課題の解決を支援するITサービスをご紹介します。

ところで、展示会ではAIを取り入れたITサービスを一部ご紹介する予定ですが、
実際、不動産業界を取り巻くAIの現状はどうなのでしょうか?
フィンテックやエドテックなど、様々な産業分野で新技術を取り入れる動きがこのところのトレンドですが、
その新しいテクノロジーの代表的なものがAIです。
ただ、「不動産テック」「リアルエステートテック」となると、
この数年で該当するサービスや事例を見聞きする機会は確かに増えましたが、
他の業界に比べるとまだまだ出足は鈍い印象です。
そもそも、不動産業界はIT化が遅れていると言われていますので、
IT化が不十分なところに「AI」と来てもあまりピンとこないのが現状なのでしょう。

なかなかIT化が進まない一つの理由としては、商習慣が関係しているのではないでしょうか。
これは日本だけかもしれませんが、礼金や更新料に代表されるような日本特有の文化・慣習に象徴されるように、
データよりヒューマンな部分が重視される傾向がある業界のように思います。
一言で「不動産業界」と言っても分野は多岐に渡りますので一概には言えませんが、
不動産投資のような数字で明確に表現できるような分野はAIを導入しやすい傾向にあり、
不動産仲介・管理の分野では、昔ながらの人を介したやり方の方が仕事が上手くいく場合が
多いのかもしれません。

一方で、不動産業界の特徴として、扱う書類多いということが上げられるかと思います。
不動産業界に限ったことではありませんが、書類作成の時間に追われて本来の作業が出来ないということ、
ありますよね?
その時こそ、ITの出番です!

賃貸住宅フェア2017」で、弊社が展示するITサービスはこれらの業務課題の解決支援が出来るサービスです。
みなさんのご来場、ぜひお待ちしております!




top_rfair.gif
posted by CBIT池田 at 17:19 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

現在のAIのトレンドは?

こんにちは。
マーケティング・営業担当の池田です。

先日6月28日〜30日まで東京ビッグサイトで『AI・人工知能EXPO』が開催されていました。
私も年明けすぐにスケジュール登録をしていて、行く気充分で楽しみにしていたのですが、
結局時間が取れず行けずじまい・・・非常に残念でした。
どんな様子だったのか気になったので、いろいろな方々のレポートを読んでみましたが、
大盛況だったようですね。
3日間で8万人を超える来場者が集まったようです!

個人的に気になったのは、AIが搭載されたロボット「Kibiro」。

Kibiro
学んで答える、小さなロボット - キビロ -

パーカーを着た愛くるしいビジュアルに、実は以前から気になってはいたのですが、
実物を目にする機会を逃してしまったかと思うと、これまた残念でなりません。。。

さて、AI人工知能の展示会としては日本初の開催となった今回の『AI・人工知能EXPO』ですが、
レポートを見て分かったのが、チャットボットに関する展示が多かったということ。
ということは、チャットボットは現在のAIのトレンドとも言えそうです。
このブログで、弊社がAIに取り組んでいることは何度も触れていますが、
実はAIへの取り組みとしてまず取り入れたのがチャットボットなのです。
弊社の情報共有系サービス「ナレッジリング」にAIを搭載して、
情報の検索性閲覧性を上げる仕組みをチャットボットで実現しようというものです。
まずは、既にナレッジリングをご利用頂いているお客様に完全オーダーで対応させて頂き、
いずれは汎用サービスとして提供できるようにしたいと考えています。
当社のサイトでは、事例紹介として導入企業様のインタビュー記事を掲載しておりますので、
よろしければそちらもご覧ください。

AI導入事例インタビュー大和ライフネクスト株式会社様
http://cbit.co.jp/casestudy/interview06.html

AI・人工知能EXPO』、次回の開催は2018年4月4日〜6日で、規模は3倍に拡大するそうです。
非常に楽しみではありますが、それにしても来年まで開催されないということは、
今回行けなかったことが余計に悔しいです!!
posted by CBIT池田 at 14:55 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする